新着記事

2006年02月28日

<CD千枚の旅(160)>

この二人も見習いたい存在です。

本日の一枚 BAHO / Tremendous
TREMENDOUS

'91年発売、ジャケの二人 若いなぁ。

6. DO IT AGAIN を聴いて、次の日にスティーリー・ダンのCD買いました。


TVで放送されたライヴを録画したヴィデオは擦り切れるくらい見た。

ギター&トークでジャレあう二人。

クダラナイ話で笑いをとり、キメる時はビシッとキメる。

デキル大人の男。

「余裕」

永遠の課題です。


お手数ですが、よろしければ“ポチッ”とお願いします→人気blogランキング

2006年02月27日

<懐かしのカセットの旅 (13)>

ロッドのような派手さはないですが、この人のシブさも見習いたいです。

本日の1本 Don Henley / Actual Miles: Henley's Greatest Hits
Actual Miles: Henley's Greatest Hits

コレはカーステ用に録ったヤツです。

CDは中古屋さんに旅立って行きました、、。

何はともあれ (2)The Boys Of Summer 

中学生の頃に大ヒット、この曲でドン・ヘンリーの名前を覚えました。

イントロのハイハット たまりません。

あれから20年以上経ちますが、胸がキュンとなりました。

発売当時、店頭でよく流した「End of Innocence」収録の(6)(8)

メチャ懐かしいです。聴いたのは10年ぶりくらいかも。

End of Innocence
End of Innocence


ちなみに、コチラのCDも中古屋さんに、、。


お手数ですが、よろしければ“ポチッ”とお願いします→人気blogランキング

2006年02月25日

<CD千枚の旅(159)>

今週末はコレ。

本日の一枚 Rod Stewart / Storyteller: The Complete Anthology
Storyteller: The Complete Anthology

先々週末 メタリカの3枚組

先週末 クラプトンの4枚組

今週末はロッドの4枚組にしました。


クラプトンのコレが大ヒットして、
Crossroads
Crossroads


レコード会社が

「コリャ儲かるぞいっ!」

大御所アーティストのBOXを次から次へと発売しだした頃、

輸入盤屋さんの知り合いに

「安く手に入るけど どうする?」と聴かれ、

「安い」の言葉に釣られてしまい購入。

幾らしたか忘れましたが、かなり聴いているので十分元は取れてます。

ちなみに初めて買ったロッドのCDです。


顔も声も名前もカッコイイ SEXYな男 ロッド・スチュワート

昨年、還暦(60)にして7人目の子供が生まれた男 ロッド・スチュワート

「天は二物を与えず 」というけど、ありゃウソっぱちやな。


お手数ですが、よろしければ“ポチッ”とお願いします→人気blogランキング

2006年02月24日

<懐かしのカセットの旅 (12)>

高校の頃、レンタルしました。

この時期くらいからレンタル・レコードがレンタルCDになっていったと思います。

本日の1本 Black Sabbath / Paranoid
Paranoid

昨日の作品との「ギャップ!!」

ジャンルは関係ないんです。

「上手いモンは上手い」と一緒で、「良いモンは良い」んです。

1. War Pigs 2. Paranoid 4. Iron Man ギターコピーしました。

アイオミさんの作るリフ、ペイジさんに負けてません。

13日の金曜日デビュー、悪魔崇拝、黒魔術などなど

“おどろおどろしい”イメージを嫌って敬遠してる人 いてませんか?

もったいないですよ〜。

そんな方には手始めにこの作品を聴いてもらいたい!


カセットは「SONY HF-S46」 です


お手数ですが、よろしければ“ポチッ”とお願いします→人気blogランキング

2006年02月23日

<CD千枚の旅(158)>

たまにはジャズギターでも。

本日の一枚 Jim Hall Trio / Jazz Guitar
ジャズ・ギター+1

+1曲ヴァージョンです。

1曲目 Stompin' at the Savoy

2曲目 Things Ain't What They Used to Be

3曲目 Things Ain't What They Used to Be [Alternate Take]

完全に入れるとこ間違ってるでしょ。

こういうオリジナル作品の流れを無視したCD、けっこう多いです。

「聴き分けてみてね♪」という事かも知れんが、考えられんセンスです。


ジャズを聴き始めた若造の私を

ジャケの笑顔で温かく迎え入れてくれた思い出の一枚なんですが

amazon のレビューによると、現在入手困難だそうです。

何故ゆえに!?


お手数ですが、よろしければ“ポチッ”とお願いします→人気blogランキング

2006年02月22日

<CD千枚の旅(157)>

雨が降ってきましたねぇ。

本日の一枚 Ice Cube / Bootlegs & B-Sides
Bootlegs & B-Sides

昨日の夜中、

「もうそろそろ寝よう」と

目覚ましをセットするため携帯を パカッ と開いたら

2月22日 2時22分!!

なんかラッキーな気分。

「コリャ明日(今日)はなんかイイ事あるかも」と眠りに就いた。

それで今日、

別にコレといってナ〜ンモナシ、、。

まぁ、悪いことも起こらなかったのでヨシとしよう♪

そんなワケで

(10) It Was a Good Day が聴きたくなりました。

“ダレも死ななかった 今日は良い日”

ウ〜ン、やっぱ凄いわ このフレーズ。


お手数ですが、よろしければ“ポチッ”とお願いします→人気blogランキング

2006年02月20日

<CD千枚の旅(156)>

やっとメンテ終わったようですね。

週末からコレを聴いてます。

本日の一枚 Eric Clapton / Crossroads 2 ( live in the seventies )
アンソロジー 2 : ライヴ・イン・セヴンティーズ 〜Crossroads 2

こないだの土曜はメタリカのLIVE3枚組

で、今回は負けじとクラプトンの74〜78年LIVE4枚組!

Disc 1  73分06秒

Disc 2  62分34秒

Disc 3  71分11秒

Disc 4  60分39秒


トータル  267分30秒!!

さすがに こんなに長いと「音楽だけに集中」なんて事はキツイので

一緒にギター弾いたり、本を読んだり、つめ切ったり、パソコンいじったり、

ナンダカンダしながら繰り返し聴いています。

以前書いたように、やっぱりこの頃の「ちょっと頼りない歌声」が好きです。

あと、

間奏で 「C」とか「A」とか バンドに指示を出して key を変えていくの憧れます。


お手数ですが、よろしければ“ポチッ”とお願いします→人気blogランキング

2006年02月17日

<懐かしのカセットの旅 (11)>

86年 武道館での解散ライヴ(5日間公演からセレクト)

見にくいですが、ジャケの真ん中に写ってるのは「ピック」です。

本日の1本 甲斐バンド / THE甲斐バンド Final Concert “ Party ”
THE甲斐バンド

このカセットはレコードをダビングしたのじゃなくて

中古屋さんで買った正規のカセットです。

たぶん、20才頃

お金に困ってCDを中古屋さんに売りに行った
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
CDが思ったより高く買い取ってもらえたので調子にのる
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
なんかイイのないかなと店内を物色
↓ ↓ ↓ ↓ 
購入してしまう 

このパターン けっこう多いです。

で、後悔することも多く、結局中古屋さんにまた売りに行くと、、、。

このカセットは数少ないアタリ作品です。


お手数ですが、よろしければ“ポチッ”とお願いします→人気blogランキング

2006年02月15日

<CD千枚の旅(155)>

たまにはブルースを。

昨日のストーンズ 「Still Life」は40分でしたが、

今日の作品はさらに短く 35分

本日の一枚 Little Walter / The Best of Little Walter
The Best of Little Walter

ハープで8歳の頃から道端で金を稼ぎ、12歳で家を出て、

17歳でシカゴへ、そしてマディ・バンドに参加

初自己名義録音()を行ったのは22歳という若さ!

しかも大ヒット!

その後もヒット曲を連発!!

誰もが羨む超エリートです。

しか〜し、

出世も早けりゃ、あの世に行くのも早い

路上で喧嘩して、あっさり37歳で天国の住人に。

素行の悪さは、この傷だらけの顔を見ればワカリマスネ。

Hate to See You Go


お手数ですが、よろしければ“ポチッ”とお願いします→人気blogランキング

2006年02月14日

<CD千枚の旅(154)>

久々にストーンズ。

本日の一枚 The Rolling Stones / Still Life [Live]
Still Life

来日しますね、大阪公演はないですけど。

音楽ファンは盛り上がってるようですが、一般の方たちはどうなんでしょうか?

しかし、チケット高いっス。

ゴールデンサークル席:55,000円(税込)とな。

「どんな席やねんっ!」(ツッコミです)


調べてみよう。

ゴールデンサークル席 で検索してみたら

ズラ〜っと Yahoo!オークションが、、。


ゴールデンサークル席 とは

ストーンズをより間近で見れて

オフィシャルグッズとオフィシャルフードがついている限定席
だそうです。


ナンダカンダやってる間にCD終わってしまいました。

40分という短さ。ちょっと物足りない。

短い作品は好きですが、ライヴ作品だともうちょい長い方がイイですね。


お手数ですが、よろしければ“ポチッ”とお願いします→人気blogランキング

2006年02月13日

<懐かしのカセットの旅 (10)>

こんなん出てきました。

私のチョット上の世代に「高中」ドップリの人って多いですよね。

本日の1本 高中正義 / TRAUMATIC・極東探偵団
TRAUMATIC・極東探偵団

たぶん、

「友達にカセット借りて、とりあえずダビングした」 んでしょうなぁ。

よく覚えてません。しかし誰に借りたんやろ?

確かに “渚・モデラート” は流行ってたけど、

周りにおったかな?「高中」聴くような洒落たヤツ。

20年ぶりに聴きました。

20年後、またお会いしましょう♪

カセットは「TDK D46」 です


お手数ですが、よろしければ“ポチッ”とお願いします→人気blogランキング

2006年02月12日

<CD千枚の旅(153)>

なんだか無性に “ How? ”が聴きたくなったので、今日はコレ。

本日の一枚 John Lennon / Imagine
Imagine

説明不要の名盤です。

クラウス・ヴアマンのベース 大好きです。

そういえば、兄の披露宴で “ Jealous Guy ”弾いたなぁ。

その時期、兄(12月)、同級生の友人(2月)、後輩(3月)と結婚3連発、

全てギター弾きました。それまでは、そんな席でギターを弾いた経験など

なかったんですが、思った以上にみなさん喜んでくれて嬉しかったです。

演奏した曲は

兄    “ Jealous Guy ” John Lennon

同級生  “ バンザイ ” ウルフルズ

後輩    “ セロリ ” 山崎まさよし  パパ ” Princess Princess

今のところ、3組とも上手いことやってるみたいで一安心。

変なジンクスができると、次に頼まれた時に引き受けにくいですもんね。


<CD千枚の旅(32)> John Lennon / Plastic Ono Band

<CD千枚の旅(92)> John Lennon / Walls and Bridges

<CD千枚の旅(131)> John Lennon / Imagine (Original Soundtrack)


お手数ですが、よろしければ“ポチッ”とお願いします→人気blogランキング

2006年02月11日

<CD千枚の旅(152)>

今日は外出する予定がなかったので、ヴォリューム満点のコレにしました。

本日の一枚 Metallica / Live Shit: Binge & Purge [Box set] [Live]
Live Shit: Binge & Purge

「DVD版」発売されてたんですね。

私のはVHS版です。

CD は '93年2/25,26,27,3/1,2:メキシコ公演のライヴで

ソロ・パートの長さにちょっとダレてしまいましたが(映像なしだとツライっす)、

おなか一杯大満足。

私が生体験したのは同年の3月22日(大阪)なので、

この音源の僅か二十日後になるわけですな。

さすがに1日でCD3枚、VHS3本(合計8時間)はキツイので

今回はCDだけにして、VHS は次にこのBOXを引っ張り出してきた時にします。



<CD千枚の旅(62)> Metallica / Master of Puppets

<CD千枚の旅(123)> Metallica / Load


お手数ですが、よろしければ“ポチッ”とお願いします→人気blogランキング

2006年02月10日

<CD千枚の旅(151)>

たまには日本のアーティストも。

ジャケがないと、なんか殺風景で寂しいですね。

本日の一枚 Shogun / You’re the One

人気ドラマの影響もあって 1st 、2nd を持ってる人は多いと思いますが、

この 3rd を持ってる人って少ないのでは。

私のは店で貰ったサンプル盤です。

「もう流さないサンプル盤置き場」に、しばらく経っても置いたままになってたので

貰いました。おそらく、人気の2枚は誰かが先に持って帰ったんでしょう。

2枚は後に購入しました。


お手数ですが、よろしければ“ポチッ”とお願いします→人気blogランキング

<CD千枚の旅(150)>

この人のウネリも凄いっす。

本日の一枚 Keziah Jones / African Space Craft
アフリカン・スペース・クラフト

コレは「ブックオフ」の特価コーナーで発見して購入('01年頃)。

350円也

あんまり聴いておらず、ホコリ被ってます。

思えば、1st は店頭でよく流したもんです。
↓↓↓↓
Blufunk Is a Fact!
Blufunk Is a Fact!


'92年発売かぁ〜、14年も前になるのね。

インパクトありまくりでした。

やっぱり、1st の方がイイな。

この 2nd も悪くはないんやけど、1st と比べてしまうと、、、。


お手数ですが、よろしければ“ポチッ”とお願いします→人気blogランキング

2006年02月09日

<CD千枚の旅(149)>

真夜中に聴くのもイイですね、コレ。

本日の一枚 The Brecker Brothers / Heavy Metal Be-Pop
ヘヴィ・メタル・ビ・バップ

所謂、名盤ですが

ほんまカッチョE。

特に3曲目、“ Some Skunk Funk ” !!

悶絶必至!!

お手数ですが、よろしければ“ポチッ”とお願いします→人気blogランキング

2006年02月04日

<Carmen McRae for Lovers をフル試聴>

今日は女性ジャズ・ヴォーカル作品のフル試聴推薦です。

昨夜はイロイロやることがあって、三時過ぎまで夜更かししておりましたが、

BGMはズ〜ッとコレでした。

コチラ→♪♪♪

カーメン・マクレエの美しい歌声が堪能できる

Carmen McRae for Lovers

フル試聴できます。

ヴァレンタインのBGMなんかにいかがでしょうか♪

Carmen McRae For Lovers
Carmen McRae For Lovers


お手数ですが、よろしければ“ポチッ”とお願いします→人気blogランキング
posted by コブラスマイルス at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | フル試聴推薦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月03日

<CD千枚の旅(148)>

めちゃくちゃ久々、HipHop作品です。

本日の一枚 Jay-Z / The Blueprint
The Blueprint

所有するHipHop作品の8〜9割は「ブックオフ」などの中古屋さんで

割安価格で購入したものなんです。Nasもスヌープもビギーもギャングスターも

ウータンも2Pacも、み〜んな発見できたんです。

しかし、この作品 というか、Jay-Z 作品は全て新品で購入してます。

「だって、中古屋に出回ってないんだもの ('01〜'02年頃)」

けっこうな期間、いろんな店で探したけど1枚も発見できず、

聴きたいけど我慢の日々が続いていました。

しかし「もう、限界だっ!」となり

まず当時の最新作であるこの作品を購入、

翌週の休みには残りの作品を一気に全て購入してしまいました。

それ位、この作品(&Jay-Z )にヤラレたんです。

今やビッグネーム、カニエの(2)(3)(8)(9) 光り輝いています。

ジャスト・ブレイズの(4)(10) 大推薦!!PVも素晴らしいです。


「今までの作品の中でも格別にソウルフルなものなんだ」(Jay−Z)

仰る通りの作品です。


お手数ですが、よろしければ“ポチッ”とお願いします→人気blogランキング

<CD千枚の旅(147)>

昨日に引き続いて本日もライヴ作品。

本日の一枚 Stevie Ray Vaughan and Double Trouble / Live Alive
Live Alive

amazon価格を見ると 1,584円 (税込)。

「安い、、。」(私の購入価格、3,945円)

二枚買ってもオツリが、、、。 
  
正直言いますと、それほど聴いておりません。

「スティーヴィーのライヴを聴こう」って時は

'85年1月24日東京公演収録の「ライヴ・ビデオ」に手が伸びてしまうのです。

(現在販売されてないんでしょうか?amazonでは発見できず)


お手数ですが、よろしければ“ポチッ”とお願いします→人気blogランキング

2006年02月01日

<CD千枚の旅(146)>

今日は元気なアメリカン・バンドを。

本日の一枚 Grand Funk Railroad / Caught in the Act [Live]
Caught in the Act

とっても“油ギッシュ”なライヴ作品('75年)です。

購入するとき、三人時代のコレの方が魅力的に映りました。
↓↓↓↓
Live Album
Live Album

       
※こっちのジャケの方がロックしてること

※こっちの方が古いこと('70年作品)

 (「古い時代の音楽の方がイイに決まってる!」と若さ(バカさ)満開の当時の私)


しばらく悩んで、「Caught in the Act 」に決めた理由は唯一つ、

We're an American Band”が入ってるから  

この曲は生きてる間に是非バンドで演りたい。
 
イントロのドラムが始まっただけで、ゾクゾクするやろなぁ。

 
お手数ですが、よろしければ“ポチッ”とお願いします→人気blogランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。